アロマが不妊症にいいというのは本当なのでしょうか? 結論からいうと本当です。 アロマには以下のような効果があります。 ・エストロゲンの分泌の活性化 ・ストレスの軽減 アロマにはエストロゲンの分泌を活性化させる作用があります。 エストロゲンの分泌が低下すると着床障害の要因になるため、妊娠するのが難しいです。 妊娠しやすい体にするためにも、アロマを使ってエストロゲンの分泌を活性化させるというのは有効な方法だといえます。 クラリセージやフェンネル、バジル、イランイラン、ゼラニウム、ローズといったアロマはエストロゲンの分泌を活性化させる働きを持っています。 また、ストレスの軽減させるためにもアロマは効果的です。 ストレスが溜まると自律神経が乱れ、ホルモンのバランスも崩れてしまいます。 その結果、妊娠しづらい状況になってしまうので注意が必要です。 アロマを使用することで、心を落ち着かせることができ、日頃のストレスを解消させることができます。